オナニー              

 女のオナニーとオーガズムの仕組み
女のオナニーの秘密
48手一覧 Gスポットの秘密
オーガズムって一体何なの?
女性の最高点の真相に迫る!
オナニーやSEXの時に「イクッ」!と言う瞬間が=オーガズムと言われる瞬間です。
官能小説なんかで、よく「体が宙に浮く感じ」!とか「体中に電気が走ったような刺激」!こんな感じで良く表現されるような瞬間である。男と女ではオーガズムに達した時の感覚はまったくの別物と捕らえていいでしょう。
女性の場合は、平均して20秒ほどオーガズムの瞬間が続き体中の力が抜ける感覚に襲われる。
それに対して男性の場合射精時の5〜6秒足らずだ。しかも女性は1回のオナニーやSEXで何度もオーガズムに達することが出来るのだ。
こんな本がある「世界のセックス記録集」この本の中に、4時間で二百回もオーガズムに達した女性がいるそうだ。(かなりの強物)医学的に言えば、昇天した状態の女性の脳内は、快感中枢以外の全ての脳機能がストップし、快楽物質であるドーパミンやエンドルフィンが脳内の大量に放出され、脳内は幸福感に包まれているのだ。
しかし、女性の場合なぜ失神するほどの快楽が得られるのだろうか!?男がオナニーやSEXの時に失神した!何て聴いたことが無い。しかしこれは科学的にも、医学的にも原因ははっきりしていないのだ。
一説には、「出産時の激痛の代償」出産には長時間に渡る激痛が伴う、その痛みの代償と言うわけだ!アメとムチって奴です。
しかし、それだけでは説明しきれない。
医学的には、「大脳が発達する事で、様々な知恵や経験、好奇心を得られる用になりながらも、生殖行動がおろそかにならないため」。といわれても、「なぜ男性には与えられなかったのか」となってしまう。
いずれにしても明確な答えははっきりしないのだ。
ここまでオーガズムに達するのは人間のメスにしかないといわれている。人間に近い猿でさえも失神するようなオーガズムまではいかない。しかしながらも、オーガズムが人間の繁殖には役に立ってはいるようだ。強烈なオーガズムは、膣の入り口の一部が盛り上がって出来ている「オーガズムプラットホーム」を収縮させ、ペニスをシッカ押さえ、精子を膣の奥へ呼び込む。
それにあわせて子宮も痙攣をし、タイミングよく精子を吸い込むことが出来るのだ。人間はそのまま立ち上がると膣から精子が外へ流れ出しまいやすい。そこでオーガズムの後ベッドでぐったりしている事で精子が受精しやすくなるのだ。

女のオナニーの秘密
オナニーをしすぎるとアソコが黒ずむって本当?
男でもアソコが黒ずんでいる女性は、オナニーやSEXをやりすぎた女と言うイメージを持っている人が多い、
これは実際のところ本当なのだろうか?
この場合、アソコとは小陰唇のことだが、オナニーやセックスをしすぎたからと言って、黒ずんでくると言うのはまったくの迷信である!元々「色」は個人差があり、経験を積んだからと言って、黒くなるわけではないのだ。
乳首や乳輪の色も同様、尻軽女と言うレッテルを貼るのはまったくの間違いである!
ただし、思春期の子は「ピンク色」と言う、イメージが有ると思いますが、これは本当で小陰唇が発育途上で大陰唇に包まれているので、ふやけた状態になっているためピンク色になっていいる場合が多いのだ。
一方オナニーのしすぎで小陰唇の形が変形してくると言うのは、まったくの嘘でもない。
性的に興奮すると小陰唇はペニスの受け入れ準備をする。この時に、小陰唇を引っ張ったりする方法で快感を得るオナニーの仕方をしていると、次第に小陰唇は伸びてきてしまうのだ。
アフリカのホッテントットやブッシュマンと言うような民族は小陰唇が大きければ、大きいほど女性的な魅力が強いと言われ、
少女達は自分で引っ張り伸ばしているそうだ。そのため、小陰唇は14cm〜18cmにもなりブランブラン状態!

ハードコアなオナニー
過激な刺激を求める人!
アダルトビデオや普段彼方が使っているような、バイブやローターは今や女性にとってオナニーの定番ですよね!
しかし世の中には、かなりハードで刺激的なオナニーを愛して止まない人が大勢居ます。常識では到底想像もつかないような
オナニーの方法をご紹介しましょう。
これは、普段から使用している人も大勢居ると思いますが、野菜類にゴムをかぶせてバイブの代わりに使用する方法。
最近のAVの世界ではかなりの定番プレイになり多くの野菜を使った作品が溢れています、「きゅうり、ナス、にんじん」など、中には大根やタマゴ、などおでんのネタみたいな物まで入れてしまうような物もあります。
気になる方はネットやレンタルで見てみてください。
そして過激なオナニーになると、「これは一部のマニアな世界のオナニー方法です」スカルファック、つまり「頭蓋骨」の事である。にわかには信じられないでしょうが、頭をツルツルに剃り、呼吸用のチューブを口に咥え、タップリローションを塗りたくりそのまま頭から、アソコへ挿入するのだ!これはアメリカのSMショーなどで行われているらしい。
しかし子供が生まれてくるのだから女性の性器はかなりの柔軟性があることは間違いない。
あるアンケート調査によると、高校生・大学生の女性のうち、週一回以上オナニーをすると答えた割合は約30%これは男性の90%には及ばない物の成人女性のオナニー経験は90%近くまでになったのだ。
女の子はオナニーに対してマイナスイメージを持っている人が多いようだが、皆一度は経験した事があるのだ。
やはりオナニーのしすぎはアソコが黒ずむと言うようなイメージでオナニーはなるべく控えていると言う女の子が多かった。
しかし、説明した通りこれはまったくの迷信なので、心配せずにオナニーを楽しむべきである!

大人のおもちゃの歴史
オナニーに欠かせない大人のおもちゃはいつからあるのだろう?
日本の大人のおもちゃで屋でもっとも古いとされるのが江戸時代に「四ッ目屋」、と言う大人のおもちゃ専門のお店があったそうです。そこでは、媚薬「四ッ目グスリ」や大人のおもちゃの「四ッ目屋道具」と証した商品が売られ、中でも人気があったのは「長命丸」と言う,外用の塗り薬で男性ペニスの強壮剤として使われていました。
そのほかアナルファック用の陶器で出来たバイブもあったそうです。
今も現時もこういったアダルトグッズは密かに人気を保ち今やSEXやオナニーには欠かせない道具になっています。
今や、アダルトグッズはどこでも簡単に手に入れることが出来ます。ドンキホーテや雑貨屋にはちょっとしたアダルトコーナーがあり、女性の利用客は年々増え続けているそうです、グッズのクオリティーも一昔前と比べると格段に良くなり、
様々な商品が軒を連ねています。インターネットの普及で誰にも知られずに、おもちゃが手に入るこの時代は女の人にとってはひとつの苦労から解き放たれた、そんな時代かもしれないですね。


オナリンピック開催決定!

TOPへ戻る