オナニー

潮吹き
潮吹きとは、一体なんなのでしょう?オシッコなの?
オーガズムとは? 女のオナニー方法
オナニーやSEXの時に鯨が潮を吹くように女性器から液体が噴射される。このことを俗に言う「潮吹き」なのですが、
一体これは、なんなのか?よく誤解されやすいのがこの液体は「オシッコ」と思っている方が多いようですが、これはオシッコではありません!

オナニーの時女性器から分泌される液体をよく「愛液」と呼びますが、これは潤滑性があり粘り気のある液体、「濡れる」と言う状態の液体で、潮吹きとはまた別物なのです。
潮吹きは女性がオーガズムに達した時に噴射される物で以前はオシッコと勘違いをし病気なんじゃないか?と悩む女性が多かったと言います。

しかし、今やAVなどで「潮吹き女優」などと呼ばれるジャンルまで登場し、人気のプレイスタイルに定着しているのです。
では、この潮吹きの液体は一体なんなのか?これは、膣内で分泌されるムコイド小滴という物だといわれている。
これはタンパク質の一種でできた液体で、精液に近い液体だとされている。
つまりこの[潮吹き」とは女性の射精のような機能なのである。
しかし十人が十人潮吹きを経験できるわけではない詳しくは→Gスポットの秘密で説明しています。
この潮吹きのメカニズムは、膣の括約筋と会陰筋、そして、膣内のオーガズム・プラットホームが約0,8秒間隔で収縮する。この収縮する事によって一気に潮が噴射されるのだ! 
これは男性の射精の仕組みによく似ていて、まさに女性の射精と言うことがよりリアルになった。
オーガズムプラットホームとは、ペニスをシッカリ受け入れ様と膣壁が興奮とともに厚くなった状態のことを言う。
このオーガズムプラットホームでバナナを皮ごと切断できるほどの圧力が加わる事もある。



女の朝立ち!
女にも朝立ちがある!その真相はいかに!?

女にも朝立ちがあるといわれても一体どこが立つのか?と首をかしげるかもしてませんが、実は女性のクリトリスは男性のペニスに当たる部分なのだ。オナニーの時に興奮すると、クリトリスも勃起をする。刺激によって膨張し膨らんでくるのだ。

こんな研究結果があるので紹介しましょう。
被験者の女性のレム睡眠(眠りが浅い状態)に膣への血流量の増加が確認されている。
血流量が増加している時はクリトリスの膨張、伸縮が繰り返され不規則な状態になっているのだ!
これが目覚めた時に膨張(起きている)状態のままなら、「朝立ち」となるわけだ!